2009年12月30日水曜日

ロンドン報告6

とうとう最終日になりました。
楽しい時が経つのは早いものですネ

飛行機が夕方発なので、それまで街をぶらぶらすることにしました♪
アルフィーズのアンティークマーケットへ。
ところが・・・
残念ながら、年末年始お休みでした。お休み長過ぎやしませんか・・・(泣)
アンティークの掘り出しものが沢山あるマーケットらしかったので、大変残念です。
←降りたエッジウェア・ロード駅の目の前にあった彫刻が可愛かったので、写真にとりました。
移動してスピタルフィールズマーケットをぶらぶらしました。



あっという間に時間が過ぎ、荷物を持って地下鉄で飛行場へ。
ヒースローへ向かう地下鉄内でアナウンスが。ロンドンの地下鉄では普通に車両が変わった、この電車は止まるなど、変更が良くあるので、最後まで気が抜けませんネ。

思い出の地を訪れると、また新たな発見があったりとても楽しい旅行でした♪



2009年12月29日火曜日

ロンドン報告5

あまりに観光らしい観光をしていないので、今日はロンドンアイへ行ってきました♪
13年前はこのロンドンアイはまだありませんでした。
1999年テムズ河沿いに建てられた大きな観覧車(店員25名)です。
ロンドンの街を一望、ビックベンを真上から見ることができます。
ともかく大きいので、観覧車内を歩きまわって色々な角度からロンドンの街並を見れますよ。



私的にはビックベンは上から見るより、普通に見た方が素敵だと思いました^^
←普通にみると、こんな感じです









近くにある世界遺産のウェストミンスター寺院へ。
13年前にも行きましたが、何度訪れても素晴らしい!
歴代の王や女王、政治家などが多数埋葬されています。それぞれが埋葬されている教会が中に沢山ある形で広く見応えがあります。戴冠式等も行われる寺院で、その時に使う椅子も飾られています。
私が行った時は音声ガイドが無かった記憶があるのですが、今回は携帯電話のような音声ガイドを無料で貸してくれるので、とても楽しめました♪







その足でウォレスコレクション(美術館)へ。
イギリスに住んでいる友人と先月ロンドンを訪れた友人から、良かったよとの情報から、行ってみました♪
個人コレクターのサー・リチャード・ウォーレスさんの自宅を改造して、彼のコレクションを展示している美術館です。
雰囲気がとてもいいです。コレクション自体は絵から甲冑まで幅広く、沢山あり過ぎて、正直どれがどれだか良く分かりません(汗)。盛りだくさんにゴテゴテと並んだ展示の仕方が私は面白く、大変楽しめました。





←中には素敵な喫茶店があります。
是非ココでお茶をすることをお勧めします♪
今回は訪れることができなかったのですが、個人的には13年前に行ったサー・ジョン・ソーン・ミュージアムもお勧めです。






夜はホテルの近くのパブへ。
こんな感じでた〜くさんお酒が並んでいます。
でも、やっぱりビールですよネ











2009年12月28日月曜日

ロンドン報告4

今日はさすがにぷらぷらするのも足が疲れてきたのか、少しのんびりペースで過ごしました。
ホテルからコヴェントガーデン駅に向かう途中に
アップル・マーケット、ジュビリー・マーケットを開催しています。
曜日によって出る出店が違うのでいつも違うお店に出会えて新鮮です♪
また絵を売っていたり、アーティストさんの雑貨やアクセサリー等があったり、とても可愛いお店が並んでいて、良い刺激にもなりました。
建物のお店もとっても可愛い雑貨屋さんがあったり、見ているだけでわくわくします。ここではいつも大道芸人や歌手が歌ったり踊っていたり賑わっていました♪


左の写真はセルフリッジというデパートです。
セールを開催されているというので、ロンドンのセールはすごいと有名なので、行ってみました。
本当にすごかったです(汗)
と、言うのも本当に沢山の人、人、人・・・人数制限しているお店もあるぐらいです。洋服はハンガーからとれても普通にそのままで床に沢山落ちているし、会計も長蛇の列でまるでディズニーランドのような混み具合です(驚)
あまりの人に酔ってしまい途中気分が悪くなってしまいました・・・・。
特に驚いたのが、男性客が多い!?日本のデパートで紳士服は端に追いやられている印象があり、男性よりも女性の方がバーゲンに活気があるイメージだったのですが。ロンドンでは紳士服はデパートのメインフロアーにあり、男性客も沢山きていて大変な賑わいなのです。
ロンドンに住んでいる友人に聞いたところ、ロンドンの人は洋服はバーゲンで買うので普段の日はあまり買わないから、バーゲン時に人が集中するのだと言っていました。バーゲンは初日の午前中にサッといって帰ってくるのがベストだそうですヨ☆
いずれにしても、年末のこの時期は観光客だけでなく、こういったバーゲンに来る人が多いので、街はものすごい人、人、人です・・・・


2009年12月27日日曜日

ロンドン報告3


ホテルから一番近い駅がコヴェントガーデンだったのですが、その近辺をうろついていたら、可愛いお店があったので写真をとりました。
お茶屋さんだそうで、ショーウィンドーがとても素敵でした♪

今日は日曜日なので、ぷらぷらカムデンマーケットへ。
カムデンタウン駅を降りてカムデンハイストリートを真っすぐ歩くとカムデン・マーケット、カムデン・ロック、カナル・マーケット、ステイブルズ・マーケット色々なマーケットがあります。
私は13年前にも行ってるんですが、どのマーケットに行ったか覚えてないんですが、以前よりも綺麗になっていた気がしました。気のせいですかね。



今日はカナル・マーケット「厩舎」のような建物跡を利用したステイブルズ・マーケットを主に周ってきました♪

カナル・マーケットではアクセサリーや小物が多くありました。お店で、素敵な小物を見ながらつたない英語でお店の人に話しかけたら「日本人の方ですか?」と日本語で返ってきました(笑)。海外で日本人に会うのってなぜか新鮮ですよネ。
今回ロンドンへ行って発見したことが、中国人観光客が多いんです。日本人かなと思ったら中国語が聞こえてきました。逆に日本人をあまり見かけませんでした。
13年前にロンドンに行った時、到着した日にヒースローから電車で移動中、電車が急に止まった(ロンドンでは普通にあることなんですが)時に親切な日本人カップルに助けられた思い出があり、困って英語が通じない時は日本人にヘルプを求めようと思ったぐらい、街で日本人を良く見かけた記憶があります。
ステイブルズ・マーケットは古着が主でアンティークもありました。ガラクタ系の雑貨もあったり、掘り出し物にも出会える楽しいマーケットでした♪私はココで馬蹄形の壁掛けをゲットしました♪本当は壁掛けでは無いらしいです(笑)。私は壁掛けとして使おうと思ってマス。
夜は転勤でロンドンに住んでいる友達に久々に会い、素敵なレストランに連れていってもらいました(Mちゃんありがとう♪)。友達は既に7ヶ月いるのですが、英語がペラペラで羨ましかったです。旅行へ行くと戻ってきた時に今度こそ英語を勉強するぞ、と意欲が湧いてくるのですがモチベーションを保つのが大変ですよネ。今回はどうでしょうか・・・

2009年12月26日土曜日

ロンドン報告2

今日はイギリスはボクシングデーという国民の祝日です。
今日からバーゲンが始まるようで、電車の中は沢山の人で混み合っていました。
ロンドンの地下鉄の写真です。日本の大江戸線のように地下深くにあります。13年前、ロンドンの地下鉄を利用していた時に手すりに手をかけたら、その手すりが汚れていたようで、手の指が腫れたコトがあり、、、、さすがに今回はそこまで汚くなかったですが(笑)。




今日はノッティングヒルのポートベロー・マーケットへ行ってきました♪
このマーケットは雑貨やアンティークや可愛いものが多いと評判を聞いたので、楽しみだったのですが。
今回は祝日の土曜日ということで、出店があまり出ていませんでした。
こんな感じでカラフルな建物のお店が並んでいるんですよ、可愛いですよネ。
私はアルミの古い広告看板が欲しかったので、ここで数枚ゲットしました!自宅に戻りベランダのラティスに早速貼付けました♪



午後にハイドパークへ。
ハイドパークは大変大きな公園です。中に湖みたいな池があったり、遊園地があったり、沢山の人が訪れますが、公園自体が広いのでゆったりしています。
散歩している途中に野生のリスを発見!?
カメラを向けても慣れているようで、コチラをじっとみています。可愛かったデス




13年前にイギリスに行った時に、唯一心残りだったのはミュージカルの「レ・ミゼラブル」が見れなかったコトでした。他のミュージカルに比べて当時人気があったので、チケットが当日等では手に入らなかったのですよね。今夜は念願だったミュージカル「レ・ミゼラブル」へ♪
日本から海外のチケットセンターのWEBにアクセスし、今回取りました。チケットは事前に手元に郵送されて来ないので、不安だったのですが。無事窓口で受け取りできました!
しかしながら・・・(涙)時差の影響でこの時間帯は丁度日本の夜中、眠気がマックスに・・・しかも英語だから余計に眠気が・・・
素晴らしい作品なのに、途切れ途切れの記憶になってしまいました。
反省と、無念です。。。こういった舞台ものは旅行のスケジュールの後半に入れ込んだ方がいいのだと。。。。また次回来る時にレミゼにリベンジしたいと思います!!



2009年12月25日金曜日

ロンドン報告1

海外旅行でロンドンへ行ってきました♪
ロンドンは13年前に1ヶ月半、知人の家に滞在させて頂いたことが
あり、私にとっては大好きな思い出の場所です♪

実は25日ロンドン着は大変な日なんです、、、
と、言うのもロンドンは25日は全交通機関がストップする日なのです・・・
クリスマスは外で過ごすのではなく、家で家族とゆっくりする日なのですネ。
ヒースローからホテルまでの交通手段は車(タクシーは動いてました。)しかありません。(一部パディントン駅までのバスは動いているそうです。)
ギリギリに飛行機チケットを取ったのですが、なぜこの日は空いているか訳が分かりました^^;

でも、その御陰で良いことも♪
何と飛行機をビジネスククラスにアップグレードしてくれたのです!?
乗客が本当に少なかったのでしょう・・・
初めてのビジネスクラス、快適でした〜(ふうわり)
左はその時の食事の写真です。
イスは寝れるぐらいまで自動で倒せる、器がガラス、前菜とメインが別れている、飲み物は沢山の種類から選べる、テレビモニターが大きい、ヘッドホンがいいetc



着いたのは夕方。
寒波がきているとのことでしたが、東京と気温は然程変わりません。
夜の街をブラブラしました。何だかとても懐かしい気持に。
街は観光客で賑わっていました。
これはトラファルガー広場のツリーです。落ち着いた感じです。
ロンドンのクリスマスは25日ですが、それ以降年末までクリスマスソングが流れ続けているのです。イルミネーションもそのまま。翌日にいきなり、レストランでマライアキャリーのクリスマスソングが流れ始め、「あれ、クリスマス終わったんじゃ・・・?」と思った私はびっくりでした。ちなみに、翌日もボクシングデーというイギリスの祝日でイギリスの人は楽しい日が続いているようデス♪


メリークリスマス&年末年始休暇&展示のお知らせ

毎日寒い日が続いていますね。

Merry Christmas!!

楽しいクリスマスを御過ごし下さい♪

みなさんに沢山の幸せが舞い込んできますように・・・

(年末年始休暇のお知らせ)

12/25から1/4まで冬休暇を頂きます。
上記期間に御連絡頂いた場合は1/5以降に折り返し
御連絡させて頂きます。
ご面倒御掛けしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

(展示のお知らせ)

いつも絵を常設して頂いている麻布十番のギャラリーカフェバー縁縁にて
恒例の年末年始の常設アーティスト企画展が(26日から1/17まで)があります。
お近くにお越しの際はお立寄り頂けたら嬉しいです。
私は今回『和』テイストに初挑戦、作品1点を出しています♪

----------------------------------展示詳細----------------------------
「ギャラリーカフェバー縁縁 常設アーティストコラボレーション展『和飾』」

ギャラリーカフェバー縁縁
http://enyen.jp/
東京都港区麻布十番2-8-15 1F
11:30-23:00 (L.O.22:00)
LUNCH 11:30-15:00

展示詳細:http://enyen.jp/gallery/special/

展示期間:2009/12/26~2010/01/17
※12/29(火)~1/3(日)はお店の冬季休暇です。

縁縁の常設アーティストさんによるコラボレーション展!

アートな作品たちで年末年始を彩ります!色、触、食、飾・・・。

様々な「和」スタイルをお楽しみください☆

<参加アーティスト>
アリタミチヤス(絵とエロと妄想と束縛)
鈴木祥子(陶芸家)
高臣大介(ガラス)
なよごん(絵描き)
猫野ぺすか(版画家)
Peindre(グラス&ファブリックペイント)
ボッチン(版画)
松谷和恵(絵本作家)
miso-style(クラフト)
本山浩子(イラストレーター)
やぎはしさちこ(絵描き)







2009年12月5日土曜日

癒しの音楽♪

最近気にいっているCDを紹介します。

Gift of Nature
「小川のせせらぎ」
「小鳥たちのハーモニー」

です♪

この二つのCDは自然音をそのままCDに
録音したもので、メロディーは一切ありません。

「小川のせせらぎ」は自然の小川の流れの音がひたすら流れます。
そのせいか、なぜか自然の中にいるような気分になれるんデス!

私は仕事中にこれをかけているのですが、まるで
軽井沢の小川の側のコテージのベランダに机を置いて
仕事をしているかのようで〜
心が癒される気分になれるんですヨ^^

ただ、このCDを掛けながら電話に出ると、まるでトイレか洗面所に
いると勘違いされかねませんので、それは気をつけたい
ところデス(笑)

「小鳥たちのハーモニー」も自然の中の小鳥たちのさえずりだけの
自然音なんですが、これも木々の音がしたり、本当に自然の中に
いるようです。

このCDはα波や1/fゆらぎを含む自然音なので、リラクゼーション
効果も高いのだそうデス。

夜寝付きが悪かったり、リラックスしたい時にも使えそうですヨ♪







2009年12月3日木曜日

映画「イングロリアス・バスターズ」を観て♪

あいにくの雨で寒いですね。
あっという間に12月ですね!?

「イングロリアス・バスターズ」を公開初日
に観てきました!大分前に観たのに、感想が
こんなに遅れてしまいました、、、

「イングロリアス・バスターズ」は
ブラッド・ピット主演
クエンティン・タランティーノ監督
の映画です。
公開から4日間限定で、
「面白くなかったら返金します!」
というCMにビックリしました。
返金した人っているんでしょうかね??

舞台はナチス・ドイツ占領下のフランスです。
ユダヤ人のショシャナと
ナチス兵を血祭りにあげる“イングロリアス・バスターズ”という
連合軍特殊部隊の隊長としてレイン中尉(ブラッド・ピット)
この二人のストーリーを交互に展開し進んでいきます。
最後には二人が一緒出てくるんですけど、それまでの間に色々
あって観ていて緊張感あってわくわくしますよ♪

個人的にはブラッド・ピットがもっと画面に頻繁に出てくれたら
嬉しかったな(笑)という感じデス。最近のブラピは少しコミカル
な役が多い気がして、もっとカッコいいブラピが観たいと思って
いるのは私だけでしょうか・・

コメディーなんだけど、ちょっと物悲しかったり、怖い場面が
あったりと、盛りだくさんで楽しめたんですが、
どっちに自分の気持をシフトしたらいいか観ながら少し迷って
しまいました。


「イングロリアス・バスターズ」公式ホームページ
http://i-basterds.com/


2009年11月11日水曜日

スラムドッグ$ミリオネア [DVD]を観て♪

日はあいにくの雨ですね。。。

「スラムドッグ$ミリオネア」のDVDが発売になり、CMでも盛んに宣伝が流れてますよね♪
映画を観た方は多いと思いますが、私は見逃してしまったので、DVDが出たら早速見ようと、レンタル開始初日にツタヤを訪れました。

何と地元のツタヤは「スラムドッグ$ミリオネア」のDVDを5枚しか入れてないんですよ(驚)!?新作の中でも借りたい人が多そうな人気作品のDVDなのに、なぜ???

借りられてしまっている棚を見つめて、残念そうにため息をついていた私の脇で、
年配のご夫婦らしき二人組も「何で「スラムドッグ$ミリオネア」こんなに少ないんだ・・・」
「これなら恵比寿(ツタヤ本店)に行った方が良かったのかね、これから借りに行くしかないのかしら」
「ひどい話だよな、、、」
と会話が聞こえてきて。。。
ですよ、ですよ〜、新作ですし、アカデミー賞最多8部門を受賞した品ですから!
ツタヤさん見てたらどうぞ、よろしくお願いします☆

それから諦めずにツタヤに行く度にチェックして、ようやく5回目ぐらいに訪れた時
「あ、今返された方がいますヨ」と運よく借りることができました^o^
しかし、私が借りていた脇で、カップルが「えースラムドッグあったんだって、、、」と残念そうにしていたので、やはり借りたい人は結構いるんですネ。

とても面白かったです。
特に、生命力&ど根性という部分が良かったです!

インドは行ったことが無いのですが、これほどまでに生きて行くのが大変な国だったのか、ということに驚きました。
そして、そんな状況の中、ただただ生きる為だけに力強く苦難を乗り越えていく少年たちの姿に心が打たれます。
「ただ生きるために生きぬく」・・・人間の一番純粋で初心の大切な考えなんだなぁ、と改めて。

映画の中盤で少年の好きな女性が言った言葉「愛してる、それだけで何ができるの?」という台詞・・・
この少女と少年の間にある様々な苦難と現実に胸がつまる台詞でした。
また、お兄さんの立場もすごく考えさせられました。身勝手だけど、弟を本当は一番に愛していたのではないかと。。。

クイズに出演した少年の本当の目的(お金だけじゃないんですよ。)にロマンスを最後は感じます。
運命で片付けたくは無い、少年の生き様がもたらした幸運ですよね☆

最後のエンドロールは突然出演者の皆さんでインドダンスがはじまります、これ必見です。
何だか最後じーん(しんみり)ときていたのが、インドダンスで急に明るくなりました(笑)
こういったパターンすごく好きです、元気が出る映画でした♪

「スラムドッグ$ミリオネア」映画公式サイトです↓
http://slumdog.gaga.ne.jp/






2009年10月25日日曜日

日本人に産まれたなら一度は将棋♪

先日NHKの番組だったと思うんですが、将棋対抗戦の番組を見て、静寂な中「パチン。パチン」と将棋のコマを動かしているプロ棋士、そして途中その対戦運びについて詳しく説明してくれてる番組です。
なぜかやったことも無いのに、集中して見入ってしまいました(笑)

日本人に産まれたのに日本人らしい、こういった伝統ゲームをしていなかったコトに気づきました。日本人ならやっぱり一度は「将棋」でしょう。
これはやってみたいと思い立ち。
先日、子供向けの将棋盤(6歳以上のお子さんはできますヨ♪)を購入しました^^

初めての将棋、ワクワク。
何〜、難しい・・・・・裏の説明に書かれている簡単なルールは把握できましたが。。。

初心者でありがちなコトだと思いますが、ついつい「王将」のコマを積極的に前に動かし過ぎ、敵の陣地に入り、何とか「王将」同士で戦いがしたい!と思ってコマを動かす私・・・「武士なら、一騎打ちで闘うべし。」なんて気持だけは男前に!
ゲーム運びはさておき、将棋盤の箱に「熱く燃える日本伝統のボードゲーム」と書いてあったので、あながち気持的には間違えでは無いと思うんですが(笑)

「飛車」「角行」のコマの動き(升をたくさん移動できるんです。)がカッコ良くて、ついつい「飛車」「角行」をとられると、「金将」「銀将」を取られた時よりもショックが。。。

難しいですが、とても楽しく遊べました♪






2009年10月14日水曜日

久しぶりに「ノルウェーの森」を読んで♪

今日はちょっと曇っていますネ。
先日村上春樹の「1Q84」の下巻を読み終わりました。ちょこっとづつ読み進めていったのですが、不思議なことに飽きませんでした!ただ、終わった後に続きがあるような気分に陥り・・・本当にあの後は続きが無いのでしょうか・・・??
続けて久しぶりに「ノルウェーの森」(上・下)を読みました。
「ノルウェーの森」が発売されたのは確か私が中学生ぐらいだった記憶が・・・。読んだ覚えはありますが、その時に面白かったのか、面白くなかったのかすら分からない状態でした。
今回改めて読んでみて、うん面白い!これは大学生ぐらいの時に読んだらもっと入り込めたかな〜という気はしました。
主人公のワタナベが大きな喪失感のある中でどう生きていくのか、自然で真面目過ぎるぐらいにも正直な感情の動きや生き方がとても面白かったデス。ワタナベを巡る周りの登場人物には純粋過ぎるがゆえに生きるコトが難しい人達が沢山出てきます。そんな中でワタナベがもがいて生きている姿が唯一普通の自然な生き方をしている人に映りました。
小説に出てくるレイコさんの台詞が的をついていて魅力的でした〜。
来年映画化されるのが今からとても楽しみです♪
ワタナベ役は松山ケンイチくん、直子役は菊地凛子さんとイメージ通りでしたが、レイコ役や永沢役は誰なんでしょ・・・気になる〜♪

2009年10月5日月曜日

劇団東京ヴォドヴィルショー「その人、女優」を観て♪


最近涼しいですね、風邪などに気をつけてくださいね!
先日、劇団・東京ヴォドヴィルショーの「その人、女優」を観てきました♪
面白かったです!東京ヴォドヴィルショーは去年振りでしたが笑いに笑ってきました♪
ストーリーの舞台はなんと先日旅行で訪れた宮﨑の「日南」!
そんなタイムリーなこともあり、笑いながらいい舞台でした♪

ご興味のある方は詳しくは私のMH-Alegria観劇ブログ←をご覧下さい*


左の写真はあまりに可愛かったのでアップしちゃいます。
私がいつも絵を常設して頂いている麻布十番の「ギャラリーカフェバー縁縁」
で、常設アーティスト仲間の松谷和恵さんの個展「わんにゃん展」を観に行ってきました。
観に行った時にオーダーしたアーティストドリンク、かわいい〜♪
松谷さんの絵とドリンク両方の可愛さで心が和み癒されました〜♪♪

ギャラリーカフェバー縁縁↓
http://enyen.jp/


2009年9月30日水曜日

書籍「しあわせトリック」を読んで♪

今週は雨模様の一週間になりそうですね。
先日ポプラ社発刊「しあわせトリック」(おかのきんやさん著)を読みました。
読んでみてとてもほっこり心が和み、温かい安心感が溢れました♪
著者のおかのさんはお仕事でもお世話になっているのですが、おかのさんのお人柄が現れているような温かでほっこりするような文章なんです。身近な信頼している先輩がお話してくれているような、又は祖父(おかのさんはそんなにお年ではありませんネ(失礼しました!))のような身近な優しい存在が話しかけてくれているような文章に心が和みます。
丁度本を読み終えた日に電車を降りた時のコト。
ここで「しあわせトリック」です。
「人の後ろに抜きん出る」を実践してみました。ホームに少し残って改札へ向かう人の流れをやり過ごしてみました。すると階段はがらがらで心身共にゆったりした気持で階段を登れました。詳しくは本のTRIC8を読んでみて下さい。
ちょっと得したような気分です。のんびりとゆるりとした世界が広がって、とても心地よかったです。

日常のコトをしあわせに変えてしまうトリックって本当にあるんですね。
ほっこり和みたい方、お勧めデス☆

2009年9月28日月曜日

熊本と宮崎へ♪

シルバーウィークもあっという間に終わってしまいましたね。
ブログをさぼってしまいましたが、、この連休に九州の熊本&宮崎へ行ってきました♪

熊本へ行き、やはり熊本城に行ってきました(笑)。
素晴らしかったデス。
想像していたよりも城内は広く、色々な見所があります。
熊本城の天守閣も良かったのですが、特に国の重要文化財にもなっている宇土櫓はとても良かったです。荘厳な感じ、そして神聖な感じもしました。

れにしても、この城を建てた加藤清正は用意周到な人なんじゃないかなと想像しました。今まで観た城(とはいえ、そんなにいくつも訪れている訳ではないですが^^:)の中で一番警備万全、戦闘態勢な感じを受けました(笑)。
例えば清正流石垣と呼ばれる石垣は途中で角度が変えてあって、敵が容易に上って来れないようにしてあったり、籠城の備えを万全にする為に井戸も城内に120以上も掘っていたとか。ものすごい考えられて作られたお城なんだな〜と感心しました。

左の写真は宮崎の高千穂峡デス。なかなか上手く撮れてますよね^^?
日本の神話の始まりと言われる高千穂は本当に美しい所でした。
写真にあるように岸壁の間に滝があり、そこの直ぐ脇をボートに乗ってみれるのですが、本当に美しいです!幻想的な風景に心が和みます、本当に素晴らしかったです。

高千穂にある天岩戸神社から歩いて直ぐにある天安河原も素晴らしかったです。
沢山の石を積み重ねて祈願すると願い事がかなうとの信仰・慣習があるので、河原に願いゴトの石が沢山積み上げられていて、その風景も神秘的です。ココにいると気持がすーっと爽やかな気分になりました♪

崎では日南にある鵜戸神宮へ行き、「運玉」をやってみました!
「運玉」とは、小さな「運」と書かれている玉を男性は左手、女性は右手で願いを込めながら運玉を投げ、亀石と呼ばれる岩の枡形に入れれば願いが叶うといわれています。
5玉あるんですが、案外難しいんですよね。
しかし、びっくりしたコトに一発目に何も考えずに投げた運玉が、なんと亀石の枡形にすーポチャンっと入ったんです!?周りの人も「え!?」とびっくりした顔で拍手されてしまいました(笑)。
しかしながら、私もそんな神業は一度きり、その後の4玉は石には亀石には当たるものの、入りません、、、海の底へ〜。左側で運玉を投げていたおじさんがなかなかの名投手で続けて3玉入れてました。「なるほど、コツが分かったゾ」とおじさんが投げているのを羨ましい顔で観ながら、ひたすら集中して投げている私(笑)。とても楽しかったので、鵜戸神宮へ行かれた際はやってみて下さい♪